和三盆 恵菓和三盆
恵 菓

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

ワークショップ「自分でお抹茶を点ててみよう!」

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

2018年6月23・24日に3回目となるワークショップを開催致しました。
ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

このワークショップはお店の常連さんでもある、裏千家の鳴海彩詠(なるみさえ)先生にご協力いただき開催している会です。

 

その月のテーマに合わせたお菓子とお茶を通して、日本文化の世界を気軽に体験していただくという内容です。

 

そんな第3回は・・・

“自分でお抹茶を点ててみよう”

がテーマでした。

 

茶道ではなく、茶の湯として自宅でも自由に楽しめるように。
その方法を教えてくださいました。

 

 

・主菓子「若鮎」

和三盆入りの求肥で裏ごしあんを包み、さらに、和三盆入り生地で包んだ当店オリジナルの鮎焼きです。
生地とあんこが馴染むように、朝に焼き上げたものです。

 

・干菓子「流れ水」

打ち立ての和三盆独特の口溶けを楽しんでいただきたく、目の前で打ってお召し上がりいただきました。

 

 

今回のテーマは 「鵜飼」

岐阜が地元である鳴海先生にとって、鵜飼は小さい時より身近なものだったそうです。

関東では、「鵜飼」というのはなかなか馴染みがないものですよね。
芭蕉の句が添えられた「鵜舟図」と鮎焼き、流れ水で鵜飼を表現。
軸の川から繋がるように、お菓子が並べられました。

 

懐紙も岐阜 美濃で漉かれたもの。
鮎焼きに使用した小麦粉も岐阜産のものです。

岐阜にお住まいの鳴海先生のお父様が焼かれた抹茶茶碗でお抹茶をいただくと…

まるで、長良川で鵜飼を優雅に見ている気分のお席。

 


 

そして、先生が点てたお抹茶と自分で点てたお抹茶を飲み比べ。

お抹茶は点てる人によって、味わいが大きく変わる事を知りました。
その人の点て方、その時の心身の状態で変化するそうです。

 


 

《次回予告》
7月のワークショップ
「出来立ての和菓子とお抹茶を楽しむ会」

“和菓子の道具”がテーマです。

普段はなかなか見られない、和菓子独特の道具を使って目の前でお菓子を作ります。
既に受付が始まっておりますので、ご予約はお早めに!

【日時】
7月21日(土)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

7月22日(日)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

【参加費】
・大人:1500円
・小学生以下:1000円
※小学生以下は保護者の方も一緒にご参加下さい。

「何歳から参加出来ますか?」というご質問を頂くことがありますが・・・
お抹茶が飲んでみたい!というお子さんなら2歳頃からご参加いただけます。

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://shop.wasanbon-keika.com/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833(担当直通)
HP:http://wasanbon-keika.com

 

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

ワークショップで和菓子作り体験!

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

2018年5月19・20日に2回目となるワークショップを開催しました。

このワークショップはお店の常連さんである、裏千家の鳴海彩詠(なるみさえ)先生を毎回お迎えし、その月のテーマに合わせたお菓子とお茶を通して、日本文化の世界を気軽に体験していただく会です。

 

そんな第2回は・・・

「新緑」というテーマに合わせて和三盆恵菓の店主が考えたお菓子がこちら。

 

「薫風(くんぷう)」

薯蕷製きんとん。

和三盆糖入りのうらごしあんに、山の芋で作ったそぼろを付けて“新緑の間を吹いてくる快い風”を表現しました。

 

あわせて今回も、鳴海先生が小さなお店の喫茶スペースをまるで茶室のように設えて下さいました。

 

今回のワークショップの内容は「上生菓子作り」です。

なんと、ご参加は2歳のお子さん〜大人までと幅広く、合わせて29名の方と一緒に今回のお菓子きんとん製「薫風」を作りました。

 

みなさん真剣に、そして楽しそうに作られていました!

「実際に自分の手で生地に触れる」
「お菓子にまっすぐ向き合う時間」

これは、子供にとってはもちろんのこと、大人にとっても貴重な体験です。

 

お菓子作りの次はお菓子をいただきながら、鳴海先生のお茶時間。

お茶を美味しく飲んでもらうために細部まで配慮された先生のお席は、まっすぐにお抹茶・空間・居合わせた人達と向き合える心地の良いものでした。

 

ワークショップへ初めて参加する子供達も、リラックスしてこのひと時を楽しんでいました。
小さい頃にお茶の体験ができることは貴重な時間ですよね。

 

学びと発見がいっぱいの2日間。

ワークショップの後は日本刀を見せていただいたり、先生と一緒にきんとんを作ってみたり、濃茶の練り方を教えていただいたり…と、これまた特別な時間を楽しませてもらいました。

 


 

《次回予告》
6月のワークショップ「和菓子とお抹茶を楽しむ会~水無月~」

“自分でお抹茶を点ててみよう”がテーマです。

お菓子は当店の店主が「若鮎」と特製干菓子の2種類を用意します。
既に受付が始まっておりますので、ご予約はお早めに!

【日時】
6月23日(土)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

6月24日(日)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

【参加費】
・大人1500円
・小学生1000円
・小学生以下は500円

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

 

 

WAnest, 和三盆糖, 雑談

当店人気の和三盆糖蜜のご紹介

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

 

お店の喫茶メニューの中で、冬のお汁粉と交代でこの春より仲間入りした「ふるふる寒天」は喉ごしの良い柔らかな寒天が人気の一品です。

 

 

実は、主役は寒天と思われますが横に添えている「蜜」が寒天を引き立てる立役者なのです!

 

あんみつの蜜と言うと、どんなものをイメージされますか?

一般的に、ザラメで作った白蜜か黒糖で作った黒蜜ではないでしょうか。
どちらも美味しいですよね!

 

しかし当店は、和三盆菓子の専門店。
という事で和三盆糖を使った「和三盆糖蜜」を手作りしております。

 

 

和三盆糖蜜をお口にいれていただくとどうなるか?

白蜜に和三盆糖を加えているため、サッパリとした甘みが感じられ、そこに程よいコクが生きた蜜が絡まり上品な味をお楽しみいただけます。

 

ふるふる寒天は、あんこと寒天の甘みだけでお召し上がりいただくのもおすすめですが、たっぷりと和三盆糖蜜をかけていただくと美味しいですよ。

 

そして、5月からの新メニューが新たに仲間入りです!

テイクアウトできる容器での「冷やし抹茶」を始めました。
【無糖】のものと【和三盆蜜入り】の2種類からお楽しみいただけます♫

 

 

気持ちの良い気候の時期になりましたので、中庭でのお茶もがおすすめです。

 

春先に植えた砂糖黍の苗の芽。
亀甲竹の若竹。

彼らを愛でながら、マッタリされるのはいかがでしょうか?

 

 

ゆったりとした時間が流れている、越谷の隠れた穴場「WAnest」。
へ、ぜひ遊びにいらして下さい。

美味しいお茶とお菓子をご用意して、ご来店をお待ちしております。

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

 

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

ワークショップで茶の湯の世界を体験!

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」碧(みどり)です。

2018年4月14日-15日の2日間に渡り、第1回目のワークショップが開催されました!

「出来たての和菓子とお抹茶を楽しむ会〜卯月〜」

また、今回はベルカテナ(同じ敷地の雑貨店)さんの3周年記念マルシェが同日開催でした!
“フランスの街角”というマルシェのテーマに合わせて、ワークショップのお菓子はフランス人に愛されるマーガレットの花をモチーフにした練り切り細工を作りました。

菓銘「La Marguerite(まるぐりっと)」

 

 

この練り切り細工は、普段の店頭ではまずお目にかかれません。

ともて手の込んだ練り切り細工です。

ワークショップでは、まず最初に店主の手仕事をじっくりと見ていただきました。
お写真のように口下手な店主が囲まれております(笑)

 

出来たてをその場でお召し上がりいただき…

 

裏千家の鳴海彩詠先生が点てたお抹茶をいただきます。

鳴海先生をご紹介させていただきますと、以前からお茶会や「落雁と季節の会」、着物教室を主宰されているお方です。

なんと、私の「子供や赤ちゃん連れのママにも楽しんでほしい」という希望に合わせて、飯高幸作先生に子供茶碗を特注して下さいました‼︎

 

気持ちのよい空間・お道具も鳴海先生が整えて下さいました。

2歳のお子さん。

茶道未経験の方。

茶道の先生。

このように様々に混在する中で、どなたも心地よく「お菓子」「お抹茶」を楽しめるように細部まで配慮され、本当の「おもてなし」を体感できる素晴らしい時間でした。

今回の初めてのワークショップ。

私たちスタッフにとって沢山の学びがありました。

「次回はもっとこうしよう!」

アイデアや改善点が出てきていますので、今後の企画もお楽しみに。


次回5月の「出来たての和菓子とお抹茶を楽しむ会~皐月~」は

“上生菓子の定番「きんとん」を作ってみよう”がテーマです。

きんとんをお1人2個ずつ作っていただく内容です。

既に満席の回もありますので、ご予約はお早めに!

 


 

【日時】
5月19日(土)
①10:30~12:00
②13:00~14:30
③15:00~16:30

5月20日(日)
①10:30~12:00
②13:00~14:30 満席
③15:00~16:30 満席

【持ち物】
・エプロン

【参加費】
・大人1500円
・小学生1000円
・小学生以下はお抹茶のみで500円


埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

 

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest  W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

「出来たての和菓子とお抹茶の会」

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」店主の博貴(ひろき)です。

昔から、「自分のお店を持ったらやってみたい事」の一つとして、“和菓子作りのワークショップ”を開くことを思い描いていました。

そのきっかけは、前職でワークショップやデモンストレーションを経験したからです。

 

改めて思い出してみると…

前職の虎屋さんでは、

・ニューヨーク
・パリ
・武蔵野美術大学

など、夢のような場所でワークショップやデモンストレーションをやらせていただいたのは貴重であり、ありがたい経験でした。

 

和菓子や日本の文化に興味をもっていらっしゃるニューヨーカーやパリジャン、パリジェンヌ、美大生など…

刺激的な交流ができ、その空気感が好きになりました。

 

普段は工房でお菓子を作っていると、お客様と接する場面というのは少なくいものです。

そんな中で、店頭やワークショップでは目の前で自分のお菓子の反応を見る事ができるというのは、嬉しくもあり、怖くもあります。

しかし、作り手としてお菓子の評価を受ける事は大切だと感じています。

 

和三盆恵菓をオープンする際も、9畳ほどの店内でワークショップができるよう、カウンターや手洗いを作ってもらい、小さな冷蔵庫を置いて、お菓子を作れるように保健所へ申請を出しました。

お店をオープンして半年。

やっと落ち着いて仕事をできるようになってきました。
ですので、ついに4月からワークショップを始めます!

記念すべき第一回目は「見て、食べて、飲む」がテーマです。

 

基本的な事ですが、お菓子やお抹茶と向き合って味わう事は大切な事です。

ワークショップをするには狭めのスペースですが、私が目の前で作った上生菓子を食べていただき、目の前で点てたお抹茶をゆったりとした気持ちで飲んでいただきたいと思います。

小さなお子さんからご参加いただけますので、お誘い合わせのうえご来店ください。

これからは毎月定期的に開催し、ゆくゆくはお菓子作りや茶道の体験も取り入れていく予定です。

※要予約
ご予約お問合せはこちらから

070-4814-4833


「出来たての和菓子とお抹茶の会~卯月~」

●和菓子…頼富博貴(和三盆恵菓店主)
●お抹茶…鳴海彩詠(裏千家)

●場所
和三盆恵菓(喫茶スペース)
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2WAnest

●日程
4月14日(土)
①11:00ー12:00
②13:00ー14:00
③14:30ー15:00

4月15日(日)
①11:00ー12:00
②13:00ー14:00
③14:30ー15:00※満席
各6名定員。10歳以下の子供さんは0.5人のカウント

●参加費
大人…1,000円
子供…500円

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

WAnest, 和三盆 恵菓, 雑談

WAnestの仲間たち~猫空カフェ~

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」のみどりです。

 

突然ですが・・・

見てください!
この美味しそうな唐揚げとルーロー飯。

 

和三盆恵菓が入っている複合施設WAnest(ワネスト)内の日替わりカフェで、毎週火・水・木曜日にカフェをオープンされている「猫空(まおこん)カフェ」

店内ではプレートごはんから、お酒やおつまみプレートまでいただく事ができ、こうして美味しいごはんをテイクアウトもできます。

 

唐揚げとルーロー飯をテイクアウトして、WAnestの中庭でゆっくりいただくのもいいですね♫

 

そんな今回は和三盆恵菓のスタッフも大好きな「猫空カフェ」のご紹介です。

 


 

“猫空(マオコン)”とは台北の郊外にある茶葉の有名な地域。

そこにある茶芸館ではゆっくりお茶を飲みながら食事を楽しむ人々がたくさんいます。

台湾、猫空の茶畑

そんな空間を目指している猫空カフェでは「台湾の良さを知ってもらいたい!」という思いから、日本の方でも食べやすいように少しアレンジした台湾料理と、現地で仕入れた台湾茶をご賞味頂けます。
食べて、台湾に少しでも興味を持ってもらえれることが一番の喜びです!
猫空カフェHPより

 


 

目印は看板猫のマオくんです。

 

ボリューム満点!
心もお腹も満たされるお料理は「また食べたくなる味」です。
それゆえにランチタイムはいつも常連さんで賑わっています!

 

台湾茶や手作りスイーツでほっこりお茶をするのもいいですね。

 

どれも美味しそうでしょう?

でも…猫空さんの魅力はお料理だけでは無いのです!

 

台湾大好きな店長が、台湾で仕入れて来た雑貨も販売されていたりします。

 

台湾の情報盛りだくさんの会報誌を発行していたり。

 

「猫空カフェ」は店長の愛情がたっぷり詰まっています。
だから居心地がよく、ごはんも優しい味わいになるのですね。

素敵なご近所さん達に囲まれて幸せな和三盆恵菓です。

 

WAnestの日替わりカフェには今回ご紹介した「猫空カフェ」以外にも、魅力的なお店がいっぱいあります。



Korean cafe ミギョン
韓国のお食事と漢方薬

火・水・木
猫空カフェ(マオコンカフェ)
創作台湾料理と中華料理、台湾茶

金・土
こにまるカフェ
有機野菜のランチプレート、夜はタイ料理と自然派のお酒
※こにまるさん紹介ブログはこちら!


Claddagh Cafe(クラダカフェ)
おいしいコーヒーと手作りのお食事


和三盆恵菓のお菓子も春らしくなってきました。
日差しが気持ち良いWAnestに、ぜひ遊びにいらしてください。

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com