和三盆 恵菓和三盆
恵 菓

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

ワークショップ「自分でお抹茶を点ててみよう!」

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

2018年6月23・24日に3回目となるワークショップを開催致しました。
ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

このワークショップはお店の常連さんでもある、裏千家の鳴海彩詠(なるみさえ)先生にご協力いただき開催している会です。

 

その月のテーマに合わせたお菓子とお茶を通して、日本文化の世界を気軽に体験していただくという内容です。

 

そんな第3回は・・・

“自分でお抹茶を点ててみよう”

がテーマでした。

 

茶道ではなく、茶の湯として自宅でも自由に楽しめるように。
その方法を教えてくださいました。

 

 

・主菓子「若鮎」

和三盆入りの求肥で裏ごしあんを包み、さらに、和三盆入り生地で包んだ当店オリジナルの鮎焼きです。
生地とあんこが馴染むように、朝に焼き上げたものです。

 

・干菓子「流れ水」

打ち立ての和三盆独特の口溶けを楽しんでいただきたく、目の前で打ってお召し上がりいただきました。

 

 

今回のテーマは 「鵜飼」

岐阜が地元である鳴海先生にとって、鵜飼は小さい時より身近なものだったそうです。

関東では、「鵜飼」というのはなかなか馴染みがないものですよね。
芭蕉の句が添えられた「鵜舟図」と鮎焼き、流れ水で鵜飼を表現。
軸の川から繋がるように、お菓子が並べられました。

 

懐紙も岐阜 美濃で漉かれたもの。
鮎焼きに使用した小麦粉も岐阜産のものです。

岐阜にお住まいの鳴海先生のお父様が焼かれた抹茶茶碗でお抹茶をいただくと…

まるで、長良川で鵜飼を優雅に見ている気分のお席。

 


 

そして、先生が点てたお抹茶と自分で点てたお抹茶を飲み比べ。

お抹茶は点てる人によって、味わいが大きく変わる事を知りました。
その人の点て方、その時の心身の状態で変化するそうです。

 


 

《次回予告》
7月のワークショップ
「出来立ての和菓子とお抹茶を楽しむ会」

“和菓子の道具”がテーマです。

普段はなかなか見られない、和菓子独特の道具を使って目の前でお菓子を作ります。
既に受付が始まっておりますので、ご予約はお早めに!

【日時】
7月21日(土)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

7月22日(日)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

【参加費】
・大人:1500円
・小学生以下:1000円
※小学生以下は保護者の方も一緒にご参加下さい。

「何歳から参加出来ますか?」というご質問を頂くことがありますが・・・
お抹茶が飲んでみたい!というお子さんなら2歳頃からご参加いただけます。

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://shop.wasanbon-keika.com/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833(担当直通)
HP:http://wasanbon-keika.com

 

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

ワークショップで和菓子作り体験!

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

2018年5月19・20日に2回目となるワークショップを開催しました。

このワークショップはお店の常連さんである、裏千家の鳴海彩詠(なるみさえ)先生を毎回お迎えし、その月のテーマに合わせたお菓子とお茶を通して、日本文化の世界を気軽に体験していただく会です。

 

そんな第2回は・・・

「新緑」というテーマに合わせて和三盆恵菓の店主が考えたお菓子がこちら。

 

「薫風(くんぷう)」

薯蕷製きんとん。

和三盆糖入りのうらごしあんに、山の芋で作ったそぼろを付けて“新緑の間を吹いてくる快い風”を表現しました。

 

あわせて今回も、鳴海先生が小さなお店の喫茶スペースをまるで茶室のように設えて下さいました。

 

今回のワークショップの内容は「上生菓子作り」です。

なんと、ご参加は2歳のお子さん〜大人までと幅広く、合わせて29名の方と一緒に今回のお菓子きんとん製「薫風」を作りました。

 

みなさん真剣に、そして楽しそうに作られていました!

「実際に自分の手で生地に触れる」
「お菓子にまっすぐ向き合う時間」

これは、子供にとってはもちろんのこと、大人にとっても貴重な体験です。

 

お菓子作りの次はお菓子をいただきながら、鳴海先生のお茶時間。

お茶を美味しく飲んでもらうために細部まで配慮された先生のお席は、まっすぐにお抹茶・空間・居合わせた人達と向き合える心地の良いものでした。

 

ワークショップへ初めて参加する子供達も、リラックスしてこのひと時を楽しんでいました。
小さい頃にお茶の体験ができることは貴重な時間ですよね。

 

学びと発見がいっぱいの2日間。

ワークショップの後は日本刀を見せていただいたり、先生と一緒にきんとんを作ってみたり、濃茶の練り方を教えていただいたり…と、これまた特別な時間を楽しませてもらいました。

 


 

《次回予告》
6月のワークショップ「和菓子とお抹茶を楽しむ会~水無月~」

“自分でお抹茶を点ててみよう”がテーマです。

お菓子は当店の店主が「若鮎」と特製干菓子の2種類を用意します。
既に受付が始まっておりますので、ご予約はお早めに!

【日時】
6月23日(土)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

6月24日(日)
①11:00~12:00
②13:00~14:00
③14:30~15:30

【参加費】
・大人1500円
・小学生1000円
・小学生以下は500円

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

 

 

イベント, 和三盆 恵菓, 和三盆糖

越谷の母の日イベント

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

 

今度の日曜日、5月13日は母の日です。

 

越谷で母の日と言えば…

\Acha Acha /
『しあわせのたねをみつけるマルシェ』

今年で4回目となるの大きなイベントが越谷駅前で開催されます!

 

食べ物屋さん
雑貨屋さん
整体院など。

56の出店者とライブステージがあったりとの、盛り沢山な内容です。

 

【開催詳細】
日程:5月13日(日)
時間:10:30~15:30
場所:越谷駅東口ロータリー・越谷ツインシティA 2F

 

イベントのテーマである「しあわせのたね」についてご紹介いたします!


しあわせのたねって?

★おいしいのたね…
人気のカフェやレストラン、オーガニック野菜など地域の「おいしい」が大集合。

★楽しいのたね…
ワークショップ、スタンプラリーなどこどもの「あそび」がいっぱい。

★気持ちいいのたね…
音楽ステージ、整体、アロマなど暮らしを「たのしむ」エッセンスとともに。

『たねを求めて』

しあわせのたねプロジェクトのメンバーは、子育て真っ最中のママ達です。
彼女たちが求めているしあわせのたねを1つ1つ丁寧に集めたマルシェ。

“ここでたくさんの人がつながり、この町でしあわせな子育てがずっと続いていきますように。”

という願いで活動しています。

Acha Acha HP:https://achaacha.wixsite.com/event

 


 

そんな5月13日のイベントに、もちろん当店も参加いたします!
和三盆恵菓は今年で2度目の参加です。

今回はイベントに合わせて、新商品を皆さんにお披露目です。

 

【新商品】
●あんディップ最中

…みずみずしい粒あんを瓶詰めにしました。
2種類の麩焼き(プレーン・味噌)にディップしてお召し上がりください。
※イベントではお試し版のミニサイズを販売予定です

1セット:500円

 

【イベント限定商品】
●あんプリン

和三盆糖とバニラビーンズをたっぷり加えたババロア風プリン、こしあん、寒天を3層にしたカップデザートです。

あんこ×洋菓子×和三盆糖の新しい組み合わせにチャレンジしました。
大きめのサイズとなっております

1つ:500円

 

 

【新ドリンク】
●紅茶

宮崎県産「みなみさやか」という品種の茶葉を水出しにした冷やし紅茶です。

無添加なのに驚くほど香り高い茶葉は、まるで上等な中国茶の様です。
お好みで和三盆糖蜜を加えてお召し上がりください。

1杯:300円
※イベントではお試し版のミニサイズを販売予定。

 

 

5月13日はイベント出店ですが、お店も通常営業しております!

「あんディップ最中」や「アイスティー」は蒲生の店舗でもご購入いただけますので、お近くにお越しの際はぜひお越しください。

 

それではイベント当日、あなたに会える事を楽しみにしています♫

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HPhttp://wasanbon-keika.com

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

ワークショップで茶の湯の世界を体験!

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」碧(みどり)です。

2018年4月14日-15日の2日間に渡り、第1回目のワークショップが開催されました!

「出来たての和菓子とお抹茶を楽しむ会〜卯月〜」

また、今回はベルカテナ(同じ敷地の雑貨店)さんの3周年記念マルシェが同日開催でした!
“フランスの街角”というマルシェのテーマに合わせて、ワークショップのお菓子はフランス人に愛されるマーガレットの花をモチーフにした練り切り細工を作りました。

菓銘「La Marguerite(まるぐりっと)」

 

 

この練り切り細工は、普段の店頭ではまずお目にかかれません。

ともて手の込んだ練り切り細工です。

ワークショップでは、まず最初に店主の手仕事をじっくりと見ていただきました。
お写真のように口下手な店主が囲まれております(笑)

 

出来たてをその場でお召し上がりいただき…

 

裏千家の鳴海彩詠先生が点てたお抹茶をいただきます。

鳴海先生をご紹介させていただきますと、以前からお茶会や「落雁と季節の会」、着物教室を主宰されているお方です。

なんと、私の「子供や赤ちゃん連れのママにも楽しんでほしい」という希望に合わせて、飯高幸作先生に子供茶碗を特注して下さいました‼︎

 

気持ちのよい空間・お道具も鳴海先生が整えて下さいました。

2歳のお子さん。

茶道未経験の方。

茶道の先生。

このように様々に混在する中で、どなたも心地よく「お菓子」「お抹茶」を楽しめるように細部まで配慮され、本当の「おもてなし」を体感できる素晴らしい時間でした。

今回の初めてのワークショップ。

私たちスタッフにとって沢山の学びがありました。

「次回はもっとこうしよう!」

アイデアや改善点が出てきていますので、今後の企画もお楽しみに。


次回5月の「出来たての和菓子とお抹茶を楽しむ会~皐月~」は

“上生菓子の定番「きんとん」を作ってみよう”がテーマです。

きんとんをお1人2個ずつ作っていただく内容です。

既に満席の回もありますので、ご予約はお早めに!

 


 

【日時】
5月19日(土)
①10:30~12:00
②13:00~14:30
③15:00~16:30

5月20日(日)
①10:30~12:00
②13:00~14:30 満席
③15:00~16:30 満席

【持ち物】
・エプロン

【参加費】
・大人1500円
・小学生1000円
・小学生以下はお抹茶のみで500円


埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

 

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest  W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

WAnest, イベント, 和三盆 恵菓

「出来たての和菓子とお抹茶の会」

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」店主の博貴(ひろき)です。

昔から、「自分のお店を持ったらやってみたい事」の一つとして、“和菓子作りのワークショップ”を開くことを思い描いていました。

そのきっかけは、前職でワークショップやデモンストレーションを経験したからです。

 

改めて思い出してみると…

前職の虎屋さんでは、

・ニューヨーク
・パリ
・武蔵野美術大学

など、夢のような場所でワークショップやデモンストレーションをやらせていただいたのは貴重であり、ありがたい経験でした。

 

和菓子や日本の文化に興味をもっていらっしゃるニューヨーカーやパリジャン、パリジェンヌ、美大生など…

刺激的な交流ができ、その空気感が好きになりました。

 

普段は工房でお菓子を作っていると、お客様と接する場面というのは少なくいものです。

そんな中で、店頭やワークショップでは目の前で自分のお菓子の反応を見る事ができるというのは、嬉しくもあり、怖くもあります。

しかし、作り手としてお菓子の評価を受ける事は大切だと感じています。

 

和三盆恵菓をオープンする際も、9畳ほどの店内でワークショップができるよう、カウンターや手洗いを作ってもらい、小さな冷蔵庫を置いて、お菓子を作れるように保健所へ申請を出しました。

お店をオープンして半年。

やっと落ち着いて仕事をできるようになってきました。
ですので、ついに4月からワークショップを始めます!

記念すべき第一回目は「見て、食べて、飲む」がテーマです。

 

基本的な事ですが、お菓子やお抹茶と向き合って味わう事は大切な事です。

ワークショップをするには狭めのスペースですが、私が目の前で作った上生菓子を食べていただき、目の前で点てたお抹茶をゆったりとした気持ちで飲んでいただきたいと思います。

小さなお子さんからご参加いただけますので、お誘い合わせのうえご来店ください。

これからは毎月定期的に開催し、ゆくゆくはお菓子作りや茶道の体験も取り入れていく予定です。

※要予約
ご予約お問合せはこちらから

070-4814-4833


「出来たての和菓子とお抹茶の会~卯月~」

●和菓子…頼富博貴(和三盆恵菓店主)
●お抹茶…鳴海彩詠(裏千家)

●場所
和三盆恵菓(喫茶スペース)
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2WAnest

●日程
4月14日(土)
①11:00ー12:00
②13:00ー14:00
③14:30ー15:00

4月15日(日)
①11:00ー12:00
②13:00ー14:00
③14:30ー15:00※満席
各6名定員。10歳以下の子供さんは0.5人のカウント

●参加費
大人…1,000円
子供…500円

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

イベント, 和三盆 恵菓

2018年3月11日

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」店主です。

 

2018年3月11日
東日本大地震から7年が経ちました。

毎年この日になると、自然と「自分の生き方」を見つめ直します。

 

見つめ直すと、やはり答えは一つ。

自分はお菓子作りしか出来ません。
魂を込めて一つ一つお菓子を作り、食べた方に笑顔になって欲しい。

 

そして「生涯和菓子職人でいたい」と願っております。

 

 

今年は、前の職場の茶道部でお世話になっていた武者小路千家・三浦大徹先生にお声掛け頂き、文京区の護国寺で行われた東京茶道会の月釜で生菓子を作らせていただきました。

 

護国寺「不老門」
護国寺「本堂」
護国寺「宗澄庵(そうちょうあん)」

 

今回は席主である三浦先生から次のお話がありました。

 

「季節的に良さそうなもの」

かつ、

「趣旨が震災の追善もあるので、派手すぎない感じ」

 

このお話より木蓮をイメージしたお菓子を作りました。

 

上生菓子「木蓮」

 

中は、和三盆糖入りの裏漉し餡。
外は、山の芋を使った薯藷練り切りです。

山の芋

「え、山の芋?」

 

そう感じられるかもしれませんが、芋を使った練り切りは独特の風味とねっとりとした食感が美味しいお菓子になります。

しかし、芋は非常に乾燥に弱いのです!
そのため時間を置くと、一気に味が変わってしまいます。

 

そこで先生がご配慮下さり、水屋でお菓子を作らせて頂きました。

おかげさまで、お客様に出来立てをお出しする事が可能となり、一番美味しい瞬間をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

 

先ほどの水屋。
そこでのお菓子作りは全てが学びの時間でした。

そして、お客様の感想を直に聞く事が出来るというのも特別な経験だったものです。

 

先生の計らいにより沢山のご縁をいただき、身に過ぎるありがたいお言葉を頂戴しました。

職人として冥利に尽きます。

 

この気持ちを上手く言葉に表すことはできません・・・
口下手な私の課題でもありますね。

その代わりと言うわけではありませんが、一つ一つのお菓子で表現できるよう、日々精進して参ります。

 

宗澄庵茶室
境内

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【通販でもお求め頂けます。】
https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

イベント, 和三盆 恵菓, 和三盆糖

地元越谷のトークイベント

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」店主です。

 

お世話になっている方にお声掛けいただき、2018年2月28日に開催された「まちライブラリー」で、ゲストとして参加いたしました。

そこで和三盆についてのお話と、お干菓子作りの実演をしてまいりました。

 

◆「まちライブラリー」とは?

本をきっかけとして仲良くなる全国各地に点在するコミュニティです。
http://machi-library.org/what/

 

「北越谷リエゾンサロン(藤田歯科医院内)」で開かれるまちライブラリーでは、越谷にゆかりのある人をゲストに呼び、2ヶ月に1回程度のペースでイベントを開催しています。

 

今回、そんなトークイベントへの参加は一大事と言える挑戦でした。

 

その理由は・・・

「自分、ものすごく口下手なのです(笑)」

 

トークイベントではまず、「数少ない国産のお砂糖」である和三盆の製糖方法についてお話した後、和三盆糖の実演をしました。

 

実演後にご試食いただいた和三盆は「打ちたて」ならではの、さっとほどける口溶けが格別です。

 

参加者のみなさんが、シンプルな和三盆の奥深い世界を体験され、「和三盆の魅力を知っていただけた」と感じられる時間でした。

お帰りの際に当店の和三盆糖製お干菓子「ぼんぼん」と、「越谷だるま最中」をお渡しして、無事にイベントを終えることができました。

 

こうしてイベントやマルシェに参加する度に、新米・越谷市民のわたしにも沢山のよき出会いがあり、嬉しく思っております。

これからも「和菓子を通したコミュニケーション」でみなさんと交流していきたいと願っております。

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

イベント, 和三盆 恵菓

越谷の古民家「はかり屋」さんが生まれ変わります!

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」のみどりです。

 

和三盆恵菓が初めて出店した「はかり屋 Creator’s Village」から丸一年が経ちました。

私たちにとって、記念すべき初出店。
とても思い出深いイベントです。

 

なぜかと言えば・・・その初出店から7ヶ月後。

このイベントをキッカケに蒲生のWAnest(ワネスト)で和三盆恵菓を開店することになったのです!

 

そして、この時のイベント会場だった「はかり屋」さん。
なんと、2018年4月1日に複合施設としてグランドオープンすることが決まりました!

「はかり屋」は、明治38年よりおよそ120年間埼玉県越谷市の街を見つめ続けてきたお屋敷・旧大野邸 秤屋(はかりや)の事です。
※ホームページはこちら

 

 

元々は材木商のお屋敷という事で、建物には現在では手に入らないような非常に貴重な木材がふんだんに使われています。

 

 

新規オープンに先駆け、2018年3月4日「はかり屋お披露目マルシェ」が開催されます。

このイベントは地域で活躍するものづくりクリエイター達が集まる、越谷の魅力が詰まったイベントです。

もちろん、和三盆 恵菓も張り切って出店しますので、ぜひ遊びにいらして下さい!
私たちのブースは「はかり屋」正面、軒下の場所(マップの①)です。

このあたりにブースを出します!

 


《 3月4日同時開催 》

当日はイベント会場「はかり屋」のある通りが歩行者天国になります。
その同じ通りで開催されるイベントのご紹介です!

◾️「越ヶ谷宿場まつり」
貴重なひな人形の数々を展示。

◾️「珈琲の日~こしがや珈琲街道~」
コーヒー専門店が13店舗出店し、当日販売される1000円4枚つづりの飲み比べチケットでいろいろなコーヒーが楽しめます。


 

 

和三盆恵菓では普段店頭では販売していないイベント限定品も登場します!
お楽しみに^^

クリエイター達の作品を堪能された後、コーヒーを飲みながら和菓子でほっと一息。
そんな、休日の過ごし方はいかがでしょうか?

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102

お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com