和三盆 和三盆

恵菓について

幸せになれる。
和三盆糖の新しい魅力を知ることができる。
四国/香川県の魅力を知ることができる。
商品を手にした時に手仕事の「ぬくもり」を感じ、
口にした時にその自然の恵が
全身に染み渡り、身も心も癒される。

ご挨拶

お遍路の国の、神話に出てきそうな自然に恵まれた土地が私の故郷です。

里山の手入れに行く父に連れられて、0歳の頃から山の中で遊んで育ちました。
自然の中で果実や野菜の成長、季節の移ろいを肌で感じ、父の丁寧な畑仕事や山仕事をする姿を見て、自然との接し方を学んできました。
その経験が、和菓子職人となり、季節や植物を和菓子で表現する様になった今、とても役立っています。

父から教わった「自然の恵みに感謝する」事が今も私自身の考え方の基本です。
18歳の頃から20年、和菓子職人をしていますが、和菓子を通して自分自身を表現できる事は何よりの楽しみであり、この仕事は自分の天職であると感じています。
このお役目を頂いたことに感謝の気持ちを持って、多くの方に和三盆糖の魅力をお伝えしていきます。

和三盆の魅力

和三盆(お干菓子)は私の原点です。和三盆糖菓子はシンプルなだけに奥が深く面白い。地味ではあるが、可能性を秘めたお菓子。

「糖」と言うと、最近は健康を害するというイメージが浸透しているますが、
和三盆糖は香川、徳島、瀬戸内の自然の恵をいっぱいに吸収した砂糖黍を職人の手仕事によって丁寧に研ぎ上げたエネルギーの塊です。

栄養学では測りきれない力を持ったお菓子。
お砂糖を悪者にする風潮がある現代だからこそ、和三盆糖の本当の魅力を多くの人に知ってもらいたいと思っています。

良質な和三盆糖を100%使っています。

和三盆糖独特の風味や口溶けの良さを味わっていただくために、でんぷんなどの“つなぎ”は加えておりません。
安全であることを大前提に、より純度が高く、味に深みのある素材を選び抜いてお菓子を作っております。