和三盆 恵菓和三盆
恵 菓

和三盆 恵菓

「月の雫」

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」の碧(みどり)です。

 

本日は限定商品のご紹介です!

今回ご紹介するのは、和三盆糖製のお干菓子「月の雫」です。

 

 

「月の雫」とはどんな意味でしょうか?

 

実は・・・真珠の別名なのです。

 

当店の「月の雫」は、和三盆糖に

・伊勢志摩で育った真珠の粉

そして、

・伊勢の天然塩

 

を加えて作った大変希少なお菓子です。

和三盆恵菓のお店が入っている建物である、“WAnest”の先輩住人の方からご縁を繋いでいただいた“上村真珠養殖”さん。

 

分けていただいている真珠は・・・

真珠を丸ごと粉末にしているのではなく、贅沢にも真珠層だけを取り分けたもの。

※一般的に養殖真珠は、アコヤガイなどの真珠貝に、貝殻片などから作った球形の核を入れ、一定期間養殖して作る。

 

漢方薬としても使われる真珠。

 

1000年前の資料に、エジプトのクレオパトラや中国の西太后も真珠粉を美容品として珍重していたということや、真珠を摂ることは体力の増進や精神を安定させる効果があることなども記載されています。

宝飾用(アコヤ真珠)と、漢方用(シジミ真珠)は別の種類になりますが、そのような効果があるかもしれませんね。

 

月の雫を1粒口にすると、不思議と“心のざわつき”が落ち着いて、リラックスできるような感覚があります。

 

漢方薬的な効果からなのか?
それとも、真珠の持つ力からなのか?

それは分かりませんが、温かいものを感じられることでしょう。

 

 

「真珠・和三盆・塩」

この3つは、どれも豊かな自然のエネルギーを濃縮するかのごとく、人の手によって作られた物です。

そのようにして作られたものには、何かしらの魂が宿るのかもしれない。
そう感じています。

 

そして月の雫はとても味わい深く、シンプルに「おいしい」お菓子でもあります。

 

ただ、漢方的効果の強さがはっきりとしませんので、1日1粒など、少しずつお召し上がりいただく事をお勧めします。

 

「月の雫」は数量限定商品となっております。
店頭もしくはお電話からもご注文を承っております。

【お電話(直通)】070-4814-4833

 

和三盆糖製お干菓子
「月の雫」

・ぼんぼん3粒入…700円

 

・ふりだし
袋入り…1,450 円
紙箱入… 1,500円
桐箱入り… 2,300円

 

 

埼玉県越谷市蒲生の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

【定番の和三盆は通販でもお求め頂けます。】
https://shop.wasanbon-keika.com/

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA