和三盆 恵菓和三盆
恵 菓

ふりだし, 和三盆 恵菓, 和三盆糖

桐箱と三味線の関係

埼玉県越谷市の和菓子屋「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」のみどりです。

 

先日、お客様よりお年賀のご注文をいただきました。
その方は、三味線の師匠をされているお客様。
どのような方々にお贈りされるのかをお伺いしました所、
「ふりだし阿波の白」桐小箱セットをお弟子さん達に配られるそうです。
私は端唄を習っていることもあり、なんかとても嬉しいものです(・∀・)


そのお客様と話題になったのが「桐箱」の使い道。
なんと・・・
ふりだしの桐小箱は「三味線の糸入れに丁度いい」とおっしゃっていました!

三味線の糸というのは、天然の絹糸で出来ています。

絹糸は湿気により響きが悪くなってしまう原因になり、逆に乾燥しすぎてもいけません。

糸も呼吸をするので、ある程度の通気性があり、湿度を調整できる桐箱は糸を保管するのにピッタリなのですね!

以前のブログでご紹介したように、和三盆恵菓の「ふりだしの桐小箱」は地元である埼玉県越谷市の山崎桐箱さんに特注しております。

 

一つ一つ魂が篭った、職人による手作りの桐箱です。

そんな桐箱も呼吸をします。
その日の湿度によって膨らんだり縮んだり、反ったりもします。

保存状態が悪いと変色もしてしまいます。

 

このように少し扱うのが難しいのですが、それも面白みのひとつ。

 

店主は梱包の際に手を止めては「この木目いいなぁ。」と、桐箱を愛でています(笑)

桐箱の蓋が開きにくい日には「今日は湿度が高いなぁ。」と。
湿度計にもなるようです。

 

さぁ、桐小箱には他にどんな使い方があるのでしょうか⁈
あなたのアイデアも、ぜひお聞かせ下さい。

埼玉県越谷市の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」
〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA