和三盆 恵菓和三盆
恵 菓

竹糖栽培

竹糖のベッド作り

埼玉県越谷市の「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」のみどりです。

先日、徳島県の服部製糖所さんから分けていただいた竹糖(ちくとう・阿波和三盆の原料である在来種のサトウキビ)の種黍(たねきび)は、このまま野ざらしにしておくと霜にあたって枯れてしまうので、砂地に保管します。

※前回の記事はこちら

 

栽培を託している香川の両親(主人の実家)から、その保管をしている様子の写真が届きましたので、ご紹介します!

 

父は野菜栽培の達人です。

ですが、竹糖栽培は初めて。
在来種という個性的な作物なので、ドキドキの挑戦のようですね(笑)

 

服部製糖所さんから教わった栽培方法を自宅の設備で再現します!

①まず種黍(たねきび)用のベットを作ります。

※父、カメラ目線

 

②種黍を並べます。

 

③砂をかぶせます。
お菓子のミルフィーユの様に種黍と土を重ねていきます。

 

④崩れてこないように板で壁を作ります。

 

⑤霜にあたらないように保温用のシートをかぶせます。

 

⑥濡れると春の植えつけ前に発芽してしまうので防水シートもかぶせます。
⑦シートがめくれないように竹で重しをして完成!

 

 

なんだか、愛おしくなりました。

まるで我が子の寝顔を見ている時の気分になります。
さて・・・無事に冬を越せますように。

 

この後は、桜が咲く頃になりましたら、この種黍達を砂のベットから出して畑に植えます。
今から春が楽しみです!

 

つづく。

 

 

埼玉県越谷市の和菓子屋
「和三盆恵菓(わさんぼんけいか)」

〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
お電話:070-4814-4833
HP:http://wasanbon-keika.com

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA