和三盆 恵菓和三盆
恵 菓

和三盆糖

和三盆糖は何からできているかご存知ですか?

埼玉県越谷市の和菓子屋「和三盆恵菓」のみどりです。

「和三盆 恵菓(わさんぼんけいか)」という当店の名前にも入っております和三盆糖。

その原料の細黍(ほそきび)ですが、現在栽培されているものは主に2種類あります。

※細黍(ほそきび)
四国東部で栽培される、細く特有の風味を持ったサトウキビ。
地元では一般的な太いサトウキビに対してこう呼ばれているそうです。

写真は収穫時の太さ。親指ほどしかありません。

◆竹蔗(ちくしゃ)
・主に香川東部の和泉砂岩(いずみさがん)という水はけの良い砂地で栽培されている。
・上品で淡白な味わいが特徴。


◆竹糖(ちくとう)
・四国の在来種と言われているサトウキビの品種。竹蔗よりも更に細い。
・主に徳島県で栽培されている。
・上品さの中に野生的な黍(きび)そのもの生きた香りを感じる。


この2種を「和三盆 恵菓」では、竹蔗から作られる和三盆と、竹糖から作られる和三盆を商品の特性に合わせて使い分けております。

現在は栽培量が少なくなった細黍ですが、店主の故郷である香川の両親が子供の頃、それぞれの家庭でこの和三盆糖の原料である細黍を栽培していました。

毎年年末の今頃の時期に、収穫した黍を近所の製糖所へ持っていき、郷味砂糖(ごみざとう)という、黒糖状の砂糖に製糖して家庭用として使っていたと言います。

香川・徳島の食文化に根付いている和三盆糖(郷味砂糖)ですが、安価な上白糖が流通されるようになってからは、各家庭で手作りしていたお砂糖は姿を消し、自家用に細黍を栽培する家庭は減っていきました。

自家栽培をされている家庭がどれくらいあるかは定かではありませんが、現在「竹糖」の苗は一般流通しておりません。

製糖所の契約農家さんだけが所有することができ、収穫した黍は全て納めるという場合が多いのです。

なぜ、そのような形を取るのでしょうか?

和三盆糖はその規格が細かく決められてない為、このように生産者が「誇り」をもって本物の原料・製法・味を守っているというわけですね。

実際、「和三盆」が全国的に人気が出てからというもの、その名前が独り歩きしてしまい、竹糖100%の和三盆糖の味わいを知らないお客様が増えているのも現状です。

和三盆糖はその栽培で除草剤を使えなかったり(全て手作業で雑草を抜き取る徹底ぶり)、小ぶりで細いため収穫量が少ない、製糖に手間がかかる…などの理由から、一般小売価格が上白糖が200〜300円なのに対して、2,800〜10,000円と10倍以上になります。

お干菓子を作る場合、そういった価格面の理由もありますが、扱いやすさから、多くの場合「片栗粉」「米粉」「餅粉」などの“つなぎ”を加えます。

和三盆 恵菓でも、和三盆の風味を活かせるよう、香りの無い“つなぎ”となる素材を探して試作を重ねましたが、見つけることが出来ませんでした。

そのため、当店では「ふりだし」「ぼんぼん」どちらの商品にもつなぎは使用せず、和三盆糖と、蜜(水と少量の水飴を煮詰めたもの)だけで干菓子を真心こめてお造りしております。

https://wasanbon-keika.shop-pro.jp/?pid=121861775

 

恵菓’s Point

①各種フレーバーには、和三盆糖の風味と合う天然素材を厳選し加えている
②添加物や合成着色料は使用していない
③プレーンタイプには、より黍の味わいを感じる竹糖100%の和三盆糖を使用

 

まだ、和三盆糖をお試しになったことの無い方は、“ぼんぼん”のプレーンタイプ「阿波の白」を。

和三盆糖をよくお召し上がりになる方は、“一番搾り”の竹糖から作った和三盆糖を蜜だけを加えてお干菓子に仕上げた“ぼんぼん”「空(くう)」をぜひ一度お試しください!
※空は店舗限定商品です。

 

きっと、和三盆の新たな魅力に出会えることをお約束します♪

和三盆恵菓(わさんぼんけいか)
〒343-0843
埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest W102
070-4814-4833
info@wasanbon-keika.com

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA